本文へスキップ

公共職業訓練を受講して仕事の技能を習得する

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

公共職業訓練を利用する

公共職業訓練って何?

金属溶接作業

公共職業訓練とは、今まで働いてきた仕事とはまったく違う職業に仕事を転換したい方や、今まで以上に職業能力を向上させたい方を対象として、専門的な技術や技能を習得することを目的に行われています。

公共職業訓練は、誰でも利用できるわけではなく、会社を退職した後にハローワークで求職の申し込みをして職業相談を受けた方が利用できます。
また、次の仕事に就職する為に公共職業訓練は必要であるか、受講するために必要な能力を持っているかを、公共職業安定所長が判断して公共職業訓練の受講のあっせんをしています。

職業相談を受けると、公共職業訓練の受講は考えていますかと職員に質問されると思いますので、公共職業訓練の受講をしてみたい場合は何の知識と技能を身につけたいのかを決めて受講の申し込みをしてください。

受講できる期間

職業能力開発校は、普通課程と短期課程に分かれています。
また、求職者が受講できる期間はコースによって違っていて、主に3カ月〜1年の短期課程となっています。

職業能力開発校での受講期間
普通課程:1年〜2年(有料)
短期課程:3カ月〜1年(無料)
求職者の方は、短期課程を利用して技能を身につけます。

職業訓練を受けるには、数学と国語のテストに合格する必要がありますので、中学生の問題集を使って勉強してください。

スポンサーリンク

どのようなことが学べるの

公共職業訓練では、様々なコースが受講できます。

例えば、

  • 機械系なら、金属加工をするための機械の使い方、金属を溶接する方法など
  • 電気系なら、ビルの電気設備を保守することに関係した知識や技能、CADを使っての図面の描き方など

その他では、情報処理、通信サービス、建築、医療介護、経営管理などのコースがあります。

公共職業訓練を利用するメリット

公共職業訓練を受講するといろいろなメリットがあります。

公共職業訓練に使うテキスト代は自己負担ですが、公共職業訓練の受講料は無料です。
また、公共職業訓練を受講すると、失業給付の基本手当に次の手当てがプラスされて支給されます。

支給される技能習得手当について

受講手当
1日500円支給されます。
通所手当
交通機関を利用して通う場合:月額42500円
自転車を利用して通う場合:月額8010円
寄宿手当
扶養家族と別居して受講する場合:月額10700円

その他では、失業給付の基本手当には給付日数があらかじめ決まっていてその日数までしか受給できませんが、公共職業訓練を受講していると所定の基本手当の給付日数が終わっても公共職業訓練が終了するまで基本手当は支給されます。

公共職業訓練が終了した後は、ハローワークが就職をあっせんしてくれますので、違う方面に就職したい方はぜひ利用を考えてみてください。

公共職業訓練についての詳しい内容は、TOKYOはたらくネットをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク