本文へスキップ

英語が苦手な方にやってもらいたい勉強方法とは

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

英語の勉強方法

英語について

英語の問題集

英語は中学生の時に勉強して、そして高校に進学する方は高校生の時にも勉強します。
日本人は、英語を3年間、又は6年間勉強してきても英語が理解できません。

私も中学生の時は、英語という言語はまったく意味が理解できず苦労しました。
ここでは、その時に私が考えた「どうすれば英語が理解できるようになるのか」ということを説明します。

まず、ローマ字と英語は違うものです。
私たちは、小学生の時にローマ字を勉強しました。
英語が苦手な方に尋ねると(私もそうでしたが)、ローマ字と英語は同じ物だと勘違いしている方がいます。

ローマ字は文字、英語はローマ字という文字を使った言語ですので、ローマ字と英語では発音・読み方が違います。
ですので、ローマ字と英語は違うものとして切り離して考えてください。

例えば、次のgoとcakeとtakeをローマ字と英語で読んでみてください。

go
ローマ字:ゴ
英語:ゴゥ
cake
ローマ字:カケ
英語:ケイク
take
ローマ字:タケ
英語:テイク

読んでみてどうでしたか?
goは似ていますが、ローマ字とは違うことがわかります。
cakeとtakeは全く違います。
このように、ローマ字と英語と比較してみると違うことがわかります。

スポンサーリンク

中学生の時に勉強した英語がよくわからないという方

英語はすぐにできるようになるものではありません。
日本語もそうですが、言語という物は少しずつ経験を積み重ねて覚えていくものです。

英語を勉強するには、次のことを意識して考えなければいけません。

  • 英文は、基本5文型という型に当てはめて考えます。
  • 動詞には、be動詞と一般動詞があります。
  • 時制には、現在形、過去形、進行形、現在完了形、未来の表現などがあります。
  • 文の種類は、主に肯定文、否定文、疑問文があります。

ここでとりあげたことを、日本語でしっかり説明できるようになれば英語は上達します。
例えば、

  • 基本5文型は何が違うの?
  • 動詞の種類は何があってどう違うの?
  • 時制の種類は何があってどう違うの?
  • 文の種類はどうやって作るの?

などをなんとなく覚えるのではなく、違いをしっかり説明できるようにしてください。
中学生の時に勉強する英語は土台ですので頑張って理解してください。

中学生の初歩的な英語を一通り勉強したい方におすすめの英語勉強サイト

なんとかしたいやり直しの英語学習

高校生になってから英語が苦手になった方

中学生の時は英語はそれなりにできていたんだけど、高校生になったとたんわからなくなったという方は、中学生の時に勉強した内容がしっかり理解できていないからだと思います。

  • be動詞と一般動詞って何が違うかわかりますか?
  • 現在形と現在完了形の違いがわかりますか?
  • mustとhave toは何が違いますか?
  • willとbe going toは何が違いますか?
  • 基本5文型(S、V、O、C)を覚えていますか?

英語は決まった場所に規則正しく配置していくものです。
また、使う単語によってニュアンスが少し違ってきます。
もし、あいまいに覚えていたりわからないのであれば、もう一度中学生のときに勉強した内容を復習して下さい。

おすすめの英語の基礎を固める本

【楽天ブックスならいつでも送料無料】一億人の英文法 [ 大西泰斗 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】くもんの中学英文法

【楽天ブックスならいつでも送料無料】大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編) [ 大岩秀樹 ]

スポンサーリンク