本文へスキップ

学校のテストの成績を向上させる勉強方法

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

テストの成績が上がる勉強方法

試験勉強の悩みを解決しよう

学校の試験勉強の悩み

みなさんの中には、学校の試験勉強に関していろいろな悩みを持っているのではないでしょうか?

毎日のように、両親に試験勉強をしなさいと耳にタコができるくらいいわれても、簡単に取り組めるものではありませんね。また、試験勉強を始めても時間だけが経過してしまい思うように勉強がはかどらないこともあります。

試験勉強の多くの悩みといえば、試験勉強を始めようと思い立った時や試験勉強をしている最中に次のようなことを悩んでいると思います。

  • 試験勉強をするやる気が全く起きないので勉強が始められない
  • 勉強を始めても集中力がすぐに欠けてしまい他ごとを始める
  • 学校のテストの問題はなんとなく解けるんだけど、大学入試の問題にチャレンジすると全く解くことができない
  • 学校の授業内容についていけないので勉強がはかどらない
  • 毎日勉強をしているんだけど、なかなか思うように成績が上がらない

などのように、勉強の悩みは多岐にわたっていると思います。
私も昔、同じような勉強の悩みを持っていましたが、勉強に取り組む考え方と勉強をしている時に工夫をすれば勉強の悩みは解決できることがわかりました。

試験勉強をする為のやる気が出てこない時や勉強の集中力がすぐに欠けてしまう時の対処方法については、勉強はやる気が重要を見てください。

学校のテストの問題はなんとなく解けるんだけど、大学入試の問題になるとまったく解くことができない対処方法については、大学入試の勉強方法を見てください。

ここでは、毎日勉強を一所懸命やっているんだけど、なかなか思うように成績が上がらないという方の為にどのような勉強スタイルにすればいいのかについて説明します。

スポンサーリンク

成績を上げるには中学校で勉強する基礎知識を身につけること

試験勉強を一所懸命頑張っているのにテストの成績は上がらないという方は多いと思います。

なぜ、勉強をしているのに成績が上がらないのかと言うと、苦手科目という理由もありますが、基礎知識がしっかり身についていないからだと思います。ここで、みなさんが今まで勉強してきた勉強方法を振り返ってみてください。

勉強をする時といえば、とりあえず難しい参考書や問題集などを使って勉強をしていませんでしたか?
もし思い当たる方がいましたら、いったん難しい参考書や問題集などは机の奥へしまってください。

では、どのような本を使って勉強を始める方がいいのかと言うと、とにかく自分に合ったレベルの参考書や問題集で勉強を進めていくことです。

学校の試験勉強がすらすらできるようにする方法

自分のレベルに合った本で勉強するメリットは、勉強をスムーズに行うことができてやる気が持続しやすいからです。

勉強をしている最中に参考書を少し読んでみて自分が理解できる言葉で書いていなければ、勉強している内容が100%理解できていませんし、勉強した内容が理解できていないところがあると達成感ややる気が湧きません。

ところでみなさんは、中学校で勉強してきたそれぞれの教科の内容は重要だと思いますか?

私はとても重要だと思います。
なぜなら、高校で勉強する教科の内容は中学生の時に勉強した根本的な土台となる教科の基礎知識が必要になるからです。それぞれの教科の基礎を勉強して内容が理解できていれば後は応用していくだけですが、基礎が理解できておらずわからないならば応用もできません。成績が上がらない科目は、中学生の時に勉強した教科の基礎を復習して、しっかりとした土台を作ってください。

基礎が理解できていなくても、難しい問題の解き方を暗記すればいいと思う方もいるかもしれませんが、難しいことを暗記するよりも基礎を暗記した方が楽だと思いませんか?

どうしてもテストの成績が思うように上がらないという方は、中学生の時の復習をしてください。復習するとなると少し時間がかかってしまいますが、きっと今まで以上に勉強ができるようになります。

また、学校の授業についていけないという方は、面倒くさがらずに授業がついていけなくなったところまで戻って復習する癖をつけてください。いままで以上に勉強がスムーズに進むようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク