本文へスキップ

勉強のやる気を持続させるには

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

勉強はやる気が重要

目標と計画を立ててください

勉強は計画的に

みなさんの中には、勉強をやろうと思って机に向かうのですが教科書やノートを開けた途端に他のことが気になったり、突然机の中の掃除を始めたりしてしまい、やる気はあるのですがどうしても集中力が持続しないと悩んでいる方はいるのではないでしょうか。

そのような方は、目標を立てて見ることをおすすめします。

勉強する計画を事前に作る
2週間くらいの期間ごとに、何の教科をどのくらいの時間どのくらいの範囲勉強するのかという計画を事前に立てて、その計画に沿って勉強を進めていくと他事が気にならなくなり案外うまくいきます。
いきあたりばったりで勉強をしていると、どうしてもうまくいきません。最低でも今日はこの教科を何ページ勉強するのかということを決めないといけません。計画を立てることによって目標ができますので、その結果やる気が持続します。
スポンサーリンク

問題を解く時に気を付けること

文房具セット

問題を解いているときに集中力が欠けてしまう方は、次に説明することを実践することをおすすめします。

問題を解きだしたら、きまって集中力が持続しない時
思い切って休憩をしてください。
気分転換に近所を散歩してみたり、音楽を聞いてリラックスしたり、昼寝してみたりしながらでいいので問題の解き方について考えてみてください。良い案が浮かんだりします。
問題が難しくて解けない時
問題が難しいだけなら何回でも問題を解いて解き方を覚えれば解けるようになりますが、問題が全く解けない場合は基礎力が足りないことが原因です。
高校で勉強することは中学の時に勉強したことが土台となっていますので、中学の復習をすることで問題を解く糸口が見つかることがたくさんあります。中学生の復習なんてやる時間がもったいないと思っている方がいると思いますが、解けない問題を何時間も考えることに時間を使うよりも復習をした方が賢い考えだと思いませんか。
もう一度、今までの中学・高校で勉強してきた復習をしてみて基礎力を身につけてください。特に中学の時の内容は、とても重要になってきます。
解けない問題はとりあえず飛ばす勇気も必要
教科書や問題集を勉強していて解けない問題がでてきた時の対処法は、解けない問題は飛ばして解ける問題から解いていってください。一通り問題集などを解いた後に解けなかった問題を着手します。
解けなかった問題は基礎力の不足が主な原因ですので、中学・高校で今まで学んできたことを復習すれば解けるようになります。難しすぎて解けなかった問題を解いていくことにより、やればできるというやる気が湧いてくるようになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク