本文へスキップ

1つの会社で長く働くための失敗しない仕事の選び方

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

失敗しない仕事の選び方

就職をする時期について

仕事の選び方

就職は、何歳になったら始めなければいけないのでしょうか?

早い方では、中学校や高校を卒業して就職する人がいます。進学した方でも、いずれ大学、短期大学、専門学校などを卒業すれば就職する時が訪れます。

この就職する時期に、少しでも仕事のことに関して知っていたら就職に絶対有利になります。

就職活動を始めるには、様々な準備が必要です。
まずは、就職に失敗しない為にどのような事に注意して仕事を探したらいいのか見ていきましょう。

自分に適した仕事を探す

自分に合った仕事を見つけるには、いったいどんな事を仕事にすればいいのでしょうか?

  • みなさんの興味がある事は何ですか?
  • 好きな事は何ですか?
  • どんな事をしているときが楽しいですか?
  • 得意なことは何ですか?

この質問の答えが、みなさんが将来向いている仕事になります。
好きなことを仕事にしたらやりがいが持てるので、仕事が長続きすると思います。

もし、自分が好きでもなく興味がない仕事をやっていたら、やりがいがないのでつまらないと思いませんか?

この様な状況では仕事は長続きしませんし、後々後悔する時がくると思います。
(巷では、3年以内に会社を辞めていく人の割合は約30%であるといわれています。)
将来向いている仕事が探しだせましたら、次は長く働ける会社を探します。

せっかく興味がある分野の仕事が見つかって就職しても、すぐに退職してしまえば頑張って就職試験に合格して就職した意味がありません。

では、どうやって長く働ける会社を見つけるのかと言うと、3年後離職率というものを調べて下さい。(有名な会社なら就職四季報で調べられます)

3年後離職率とは、就職した人が3年後にどのくらい会社を辞めるかを表した率です。
この数字が高いと、会社側の問題か本人の問題かわかりませんが、何らかの理由で会社を辞めてしまっている事になります。

ですので、離職率が高い会社は巷で騒がれている、いわゆるブラック企業の可能性が大いにあります。このような会社に就職すると失敗しますので絶対に避けてください。

終身雇用は失われている?

昔と違って現代では、終身雇用がだんだん無くなってきている時代です。

会社を退職する主な理由は、

  • 真剣に会社や仕事内容を調べなかった
  • やりたい事が他に見つかった
  • 思い描いていたものと違った
  • 働いてみたらブラック企業だった
  • リストラにあった

などいろいろです。
昔は1つの会社で定年まで勤め上げることが常識でしたが、今のご時世では定年まで同じ会社で働くことは現実難しくなっています。

少しでも長く働く為に、興味がある事・好きな事を仕事にして、働きやすい会社を見つけてください。就職活動中は、この2点(興味がある事・好きな事)に気を付けて仕事を選んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク