本文へスキップ

転職活動を始める前に自己分析をしよう

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

自己分析をする

自分の性格について考える

自己分析

転職活動を始めて、企業に応募する前段階の作業でまず初めに行う事は、自分はどういう性格なのかを自己分析して考えます。

自己分析をするといろいろな性格が出てくると思います。

例えば、

  • 人の話を聞かない
  • ストレスが溜まりやすい
  • 落ち込みやすい
  • 落ち着きがない
  • 短気
  • 集中力に欠ける

これらの性格は、マイナスイメージがありますのでひとまず置いておいてください。

この自己分析した内容は、履歴書に書いたり面接試験で必ず聞かれる質問事項である自己PRにつながってきますのでポジティブな性格を考えてください。

  • 明るい
  • 粘り強い
  • 最後まで諦めない
  • 発想力に優れている
  • 考え方が柔軟

などの性格は、プラスのイメージがありますので自己PRに是非選んでください。

スポンサーリンク

自己分析で何がわかるの?

中途採用の場合は、20代はポテンシャル重視(将来性で決める)の企業が多いですが、ほとんどの企業では即戦力を重視して採用を決めています。
ですので、どのような性格でこのような仕事ができてこのように会社に貢献できるという事を明確に説明しなければいけません。

  • 最後まで諦めない性格であるなら、何々だから最後まで諦めない。
  • 考え方が柔軟な性格であるなら、何々だから柔軟な考え方ができる。

過去に経験した何かしらの体験を基に、このようだったから、その理由でこのような結果になった。
ストーリーを作って説明した方が相手に説得力を与えることができます。

自己分析は、自分だけで考えるのもいいですが、他人がどのように思っているのかも参考にした方がいいです。
自分から見た主観的な事と、両親や友達などから聞いた客観的な事を見比べると、自分では気にしなかった事が見えてくる時があります。

また、自己分析した時に、自分の価値観も考えてください。
価値観は、応募する企業へのマッチング度がわかります。

例えば、

  • 経営方針・社風・将来性に共感が持てる
  • 休みは少なくていいが定時で帰りたい
  • 退職金制度はいらない

など、企業情報と価値観を照らし合わせて、この企業は自分に合っている、あの企業は合っていないというように選ぶことができます。

自己分析や価値観を考えなくて会社を探して応募してしまう方がいますが、その場合は自己PRや会社選びが曖昧になってしまいますので自己分析から始めることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク