本文へスキップ

転職や仕事ではコミュニケーション能力が重要です

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

コミュニケーションとは

コミュニケーション能力を向上させよう

コミュニケーション

最近、コミュニケーションという言葉をよく耳にするようになりました。

例えば、テレビを見ていても聞きますし、ビジネス用の本などにもよく書かれています。
身近なものでは、仕事にはコミュニケーション能力が必要だとか、企業の面接の時にコミュニケーション能力はありますかと質問されたりしますが、このコミュニケーションとは一体どんな意味を持っているのでしょうか?

コミュニケーションとは、一般的には、相手にわかりやすく伝える能力、みんなと仲良くやっていく能力、相手を理解させる能力、などど言われています。

簡単に言うと、意思を一方的にではなく、相方向にお互いを理解して分かち合ったり共有することです。
もっと簡単にいうと、意思疎通のことです。

みなさんは、同じ年代の人どうしで話をすると話しやすいと感じることはありませんか?
それは、考え方が同じなので気が合うのです。

しかし、いろいろな年代の人が一緒に話をすると話がなかなかまとまりませんし、なぜそのような考え方をしているのか理解できないことがあります。
それは、育った時代や育った環境が違いますので、価値観が異なっている人がたくさんいるからです。

実際の会社では、同年代の人達だけで仕事をしている場面よりも、いろいろな年代の人が混ざって仕事をしている場面の方が多いので、意見の食い違いがしょっちゅうおきます。

1人で完結できる仕事の場合はコミュニケーション能力はいらないのかもしれませんが、現実にはほとんどの仕事がみんなと協力して仕事を完成させなければいけません。
みんなが意見を言い合って衝突しても最終的に分かち合えるような人との接し方をしてください。

最後に、コミュニケーション能力を向上させようと考えている方は、次のことを意識してみてください。

  1. 情報を一方通行に伝えるのではなく、お互いの意思疎通を大切にして、そして言いたいことは遠慮なく言う。
  2. 人それぞれいろいろな考え方があるので、お互いの価値観は違うことを理解する。
  3. お互いを良く理解し合おうと努力する気持ちを持つこと。

転職活動でもコミュニケーション能力は必要になりますので、是非接し方を考えて企業と向き合いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク