本文へスキップ

転職活動での中途採用の採用基準について

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

会社が欲しがる人材

転職者の採用基準

会社が欲しがる人材

会社という組織は、応募してくれた人なら誰でもいいから採用して働いてもらおうなんて考えていません。
中途採用では、会社に利益を与えてくれる人材だけを欲しがっています。
では、利益を与える人材とは、どのように判断しているのでしょうか。

例えば、次のような仕事に取り組む姿勢で判断していることが考えられます。

  • 元気よく挨拶ができるのか?
  • 仕事に一所懸命向き合えるのか?
  • 自分の言葉や行動に責任感を持っているのか?
  • 柔軟な考え方ができ将来が期待できる人か?
  • 正しい言葉使いができ、客先に行っても失礼にならないか?
  • 目的や目標を作って、それに向かって計画通り進めることができる実行力があるのか?
  • 将来成長して仕事の結果をしっかりだしてくれるか?

その他にも、いくつかの採用基準が思い浮かびますので見ていきましょう。

いろいろな考える力を持っているか

仕事を始めると、難しくてできない内容のこともでてきます。
そのような状況の時に、どのようにして困難を乗り越えることができるのかが問われます。

わからないことは考える、考えてもわからないことは調べる、調べてもわからないことは聞くなどのようなことをして、問題を解決する力を持った人を企業は欲しがっていますし、問題を解決して新しいことを作りだす創造力を持った人も歓迎されます。

魅力的なキャリアがある

企業は、入社してもらう人にすぐに仕事に取り掛かってもらい、利益をだして会社へ貢献してもらいたいと思っていますので、企業が募集している求人内容に少しでも近いキャリアを持っている方が採用されやすいです。
ですので、キャリアと求人票を見比べて何か共通するものが見当たらなければ採用されることは難しいです。

人間関係が苦手ではないこと

企業で働くという事は、1人で働くということではなく周りの人と協力して仕事を行うことです。すなわち、コミュニケーション能力が重要になってきます。

また、チームを組んで仕事をする業界や職種もあります。
どんなに仕事の能力が優れていても、周りの助けが必要になる時が来るかもしれませんので1人で仕事をこなしたいという考え方を捨てて、周りの社員と親しい人間関係を作るようにしてください。

身体、心が健康であること

面接の時に健康面について聞かれると思いますが、持病を持っていたり、病院に通院している方は採用されにくい傾向があります。

落ち込みやすい性格や精神的に不安定な状態などの心の病を持っている方も、治るまで時間がかかりますので企業は嫌がる傾向があります。

ストレスを溜めこまないように趣味などを通じて発散して、普段から健康な状態を保つように心がけてください。

利益を企業へ与える人になれるか?

企業で働くということは、給与をもらった見返りに自分が企業の利益となることをしてあげなければいけません。くれぐれも、自分だけが得をすればいいという考え方にならないようにしてください。また、給与は30万円以上、ボーナスあり、週休2日でないと働きません的な自分視点の考えをしていると採用は難しくなります。

企業へ何かしらの利益を与えてくれる人を欲しがっていることを頭の中に入れて転職活動を行ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク