本文へスキップ

転職活動の面接試験の役割

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

面接試験は何をするところ

面接試験の役割

面接試験

みなさんは、面接試験とは何をするところだと思いますか?
面接試験とは、応募書類に書いてあることをさらに詳しく追求して、企業に相応しい理想の人物像なのかを見極める為の試験をするところです。

面接試験を受けるためには、企業に求人応募した後に書類選考という関門を通過しなければいけません。

この書類選考とは、採用担当者が求人応募者に直接会って話がしたいと思える人とそうではない人でふるいをかけているところです。

ですので、書類選考に無事通過した人は、ある程度の条件をクリアしていますので企業が望んでいる理想の人物像に近いということです。
(注意:理想の人物像と言うのはそれぞれの企業によって違います。)

例えば、

  • 職務経歴書に書かれている内容が、応募した企業とほとんど同じであった
  • 志望動機や自己PRが心に突き刺さる内容だった

など、企業が望んでいる何かしらの理由に当てはまると、次は面接試験で詳しく探ってみようということになります。

面接試験を有利に進める為にも、次のようなことは決して言わないでください。

  • 経験したことがある職種で募集していたので応募しました。

本当の理由はそうかもしれませんが、企業が望んでいる回答ではないのでまず合格しません。

企業が望んでいる事と応募者が望んでいる事では、隔たりがだいぶあります。
企業が望んでいる理想の人物像に一番近い方が採用されるということを頭に入れて、面接を受ける時はどのような事を言えばいいのかよく考えてください。

面接試験で見られることとは

面接試験では、主に次の5点を深く調べられます。
面接日までに的確な受け答えができるように準備をしてください。

  1. 企業が望んでいる理想の答えを、熱意をこめてアピールができるか?
  2. 応募者の性格や気質などが、企業の社風に合っているのか?
  3. 他の社員と上手くやっていけるのか?
  4. 職務経歴書に書かれていることをさらに具体的に探り、やってもらう予定の仕事内容と適合するのか?
  5. 専門的な知識や経験が優れていて実績が伴っているか、そして、その経験を活かしてどのようにしたら企業の利益につながるのか?

その他では、面接する部屋に入ってきてから退室するまでの態度も見られています。
言葉使いやしぐさ、挨拶の仕方や声の大きさ、目線や質問に対する答えの正確さ、相手が望んでいる事に対するアピール力やコミュニケーション力など、一緒に仕事をやってみたいと思えるような対応をしなければいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク