本文へスキップ

転職活動の面接試験で重要な志望動機・退職理由・自己PRの作り方

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

面接試験は志望動機・退職理由・自己PRが重要

面接試験で力をいれることとは?

面接試験で力をいれること

面接試験ではどのような事を質問されるんだろうと考えている方は多いのではないでしょうか?
性格のこと、職歴のこと、人間関係のことなどいろいろなことを質問されます。

どこの会社で面接を受けたとしても必ず質問される項目があります。
それは、志望動機、退職理由、自己PRの3つです。

この3つは、特に力を入れなければ面接試験に合格できませんので、しっかり対策をしてください。

志望動機の対策

志望動機を考える時に気を付けないといけない事は、どこでも汎用できそうな内容では相手に共感を与える事ができませんので、具体的な理由を考えてください。

例えば、

  • 社会に貢献しているので志望しました。
  • 良い製品を作っているので志望しました。
  • お客の事を第一に考えているので志望しました。
  • 興味があるのでやってみたいから志望しました。

この様な理由では、違う会社でも当てはまってしまう志望動機になります。

これらのよくないところは具体的な理由がないからです。

  • どのように社会に貢献しているのか?
  • どのような良い製品を作っているのか?

などの具体的な理由が必要になります。

そして、この世の中にたくさんある会社の中で、

  • なぜその会社でなければいけないのか?
  • その会社で働く事になったら今までの経験を活かしてどのように即戦力になれるのか?
  • 会社に貢献してどのような利益をもたらす事ができるのか?

を説明できるようになれば、完璧な志望動機を作ることができます。

スポンサーリンク

退職理由の対策

退職理由を考える時は、前働いていた会社のここがよくないなどのネガティブな理由は避けて、前向きな理由を考えてください。

例えば、

  • 夜遅くまで頑張って働き続けたのに昇給する気配がないので退職しました。
  • 気に入らない上司がいたので退職しました。
  • 失敗を繰り返していて自分に向いていないと思って退職しました。
  • 営業ノルマが達成できなくて退職しました。

などは、ネガティブな退職理由です。

この様な退職理由の場合は、そうならない為に何か対策をしましたか?
と聞かれる時がありますので答えられるようにしましょう。

面接官は、入社してもまた同じような理由で辞めていくのではないのかと探りを入れていますので、

  • スキルアップの為に退職しました。
  • もっと大きな事に挑戦してみたくて退職しました。

などの前向きな理由を考えた方が無難です。

自己PRの対策

自己PRは、自分を会社に売り込む為にはどうしたらいいのかを考えます。

例えば、

  • この様な性格なので、この様な経験があるのでこの様な事ができます。

など、自分を採用するとこのようなメリットがあるという事をアピールしてください。

なお、会社は自己PRを望んでいる人材かどうかの判断材料に使いますので、求人票の募集背景や、どのような職種に応募するのかによって自己PRを変えてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク