本文へスキップ

転職活動の書類選考に使われる履歴書の書き方

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

転職者向けの履歴書の書き方

手書きで書くかパソコンで書くか?

履歴書

履歴書は、求人応募した後に採用試験の書類選考に使われる重要な書類です。
履歴書の書き方はある程度決まっていますので、例にならって慎重に書いていってください。

履歴書は、普通のボールペンでもインクタイプでも書いてよいのですが、インクタイプではにじむ可能性がありますので、黒のボールペンで書いた方が無難だと思います。
鉛筆で書いてしまった方は、ボールペンで書き直してください。

履歴書は、絶対に手書きで書かなければいけないのかというとそうではなく、パソコン(エクセルやワードなど)を使って作成してもまったく問題はありません。

パソコンで作成する場合は、A4のサイズで左側(名前、学歴や職歴のページ)と右側(資格や志望動機のページ)にわけて印刷してもらえれば大丈夫です。

おすすめできないのは、ボールペンで書いた字をこするとインクが消せるボールペンで書くこと。こすらなくてもある程度の温度になると、書いた字は消えてしまいますので履歴書には使わないでください。

書き間違えた箇所の訂正方法

書き間違えた箇所を修正液で消す人がいますが、絶対に修正液で消さないでください。
間違えてしまったら新しい用紙で初めから書くか、間違えた箇所に二重線を引いて訂正印を押して訂正するかしてください。

履歴書の訂正例
履歴書の訂正例

熱意を企業に伝えるには、初めから書き直した方がいいと思います。

スポンサーリンク

日付の書き方

名前を記入する欄の上に日付を記入する場所があると思いますが、履歴書を書き終わった日を書くのではなく、会社へ提出する日を書いてください。
又は郵送する時はポストへ投函した日、持参して面接をする時は面接をする日を記入します。

すべての年を書く欄は、西暦ではなく、和歴(日本の年号、平成や昭和など)を使って書いてください。

名前、生年月日、住所の書き方

名前は、忘れずにふりがなを書いてください。
生年月日は、西暦ではなく和歴で記入します。
住所は、都道府県から記入します。

写真を貼りつけることを忘れないでください。
印を押す欄がある履歴書の場合は印を必ず押してください、しかし、印を押す欄がない場合は無理に押さなくても大丈夫です。

学歴・職歴の書き方

学歴・職歴の記入例
履歴書の学歴・職歴の記入例

学歴
小学校と中学校は卒業のみ、高校は入学と卒業を記入します。
工業高校の場合は、何科に入学して卒業したのかも記入してください。
大学は、何学部の何学科に入学して卒業したのかも記入します。
職歴
株式会社や有限会社などの会社の場合は入社と退社、それ以外の場合は勤務と退職を使います。
公務員は奉職と退職を使ってください。
企業名だけではなく、職種と業務内容も書かれているとわかりやすくなると思います。
また、アルバイトやパートの経験もアピールできますので書いても構いません。
職歴の最後は、以上と書いて締めくくってください。

免許・資格の書き方

免許・資格の記入例
履歴書の免許・資格の記入例

免許や資格を取得した年月日が古い順に書いていきます。

応募する仕事に関係したものは何でも書いてください。
資格欄に応募する仕事に関係ある資格が書かれていれば、仕事に関係がない資格は書く必要はありません。

仕事に関係がない資格が書いてあると、たくさん資格をお持ちですがどういう理由で取得しましたのかと面接で聞かれる時があります。

ただし、応募する仕事に関係がある資格を持っていない時は、なんでも構いませんので頑張って取得しましたというアピールをするためにお持ちの資格を記入してください。
その他、勉強中の資格や科目合格している資格も書いてアピールしてください。

志望の動機・特技の書き方

どこの会社にも使いまわしできる志望動機ではなく、応募する企業にしか使えない理由や応募する企業でどのように貢献できるのかをしっかり考えて書いてください。

特技は、アピールするものは何でも構いませんが、仕事に直結するものだと採用担当者もイメージがしやすくなると思います。

本人希望記入欄について

本人希望記入欄は、書く事がなければ特になしと記入してください。
自分をアピールするために、希望職種についてくらいは書いた方がいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク