本文へスキップ

仕事の経験を整理して転職先へアピールする方法

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

今まで経験したことを整理する

企業に自分をアピールするためには

今までの仕事経験

転職活動では、応募先の企業に自分という人物はこういう性格でこのようなことができる素晴らしい人材ですよというような、自分を採用するとこんな得がありますということをアピールして売り込まなければいけません。

企業に自分を売り込むには、漠然なことを相手に伝えただけではどのように素晴らしい人物なのかという情報が少なすぎますので、人物がイメージできるくらいの具体的な理由が必要になります。

ですので、求人広告で企業を探す前準備として、今まで経験したことを一度整理してください。

  • あなたは、今までどういうことを経験してきましたか?
  • 今までの自分とはどういう人物でしたか?

を知ることから始めます。

いろいろなことを経験してみて、どのような結果になったのか、成功したのか、失敗したのか、どんな些細なことでも構いませんので、何でも書き出して見てください。

昔のことを思い出すには時間がかかってしまいますが、いろいろなことを書き出して見ると、こういうことが得意でそういうことが苦手なんだなということが具体的にわかってきます。

また、求人広告から企業を選ぶ時に、どのような企業が自分には合っているのかの参考になりますし、応募企業への志望動機や自己PRを作成する時にも必ず役に立ちます。

スポンサーリンク

今までの経験を具体的に書きだしてみよう

転職活動に役立ちますので、例えば次のようなことを考えて書き出して見てください。

仕事について
  • 社会人になってどのような仕事をしましたか?
  • その仕事をやってみてやりがいはありましたか?
  • 仕事を通じてどのようなスキルを習得しましたか?
  • 成功したこと、失敗したことは何ですか?
  • 仕事の成果はちゃんと残せましたか?
資格について
  • 今までに資格は取得しましたか?
  • 資格を取得してみて人生はどのように変わりましたか?
  • 資格は人生で役に立ちましたか?
性格について
  • 長所は何ですか?
  • 短所は何ですか?
その他について
  • 学生時代は何を頑張りましたか?
  • 得意なことはありましたか?
  • 何をすることが好きでしたか?
  • 趣味はできましたか?
  • 趣味が役に立っていることはありますか?
  • 人生で改善することはありますか?
スポンサーリンク
スポンサーリンク