本文へスキップ

進学するか就職するか?高校生の進路について

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

高校生の進路を考える

勉強を続ける?就職をする?

高校生は人生の分岐点

みなさんはこれまで、小学校や中学校でたくさん勉強を頑張ってきました。そして、受験をして行きたい高校に進学したと思います。

高校に入学して卒業まで3年間あるからあわてなくても大丈夫だと思っていると思いますが、3年生になると、進学する方は受験勉強、就職する方は就職活動を始めますので、実際は2年間の間に進路を決めなければいけません。ですので、高校生は人生の中でとても忙しい時期でもあります。

進学する方も就職する方も、高校1年生の時から進路についてしっかり考えて見てください。

高校を卒業すると、進学又は就職という人生の中でも大きなイベントが待っています。ここで初めて楽しく生活してきた友達と大きく人生が分かれるようになります。勉強を続ける、就職をするの2つの選択をしなくてはいけません。

普通科の高校に進まれた方のほとんどは大学・短大・専門学校へ進学、工業高校に進まれた方のほとんどは就職するものかと思われます。

スポンサーリンク

進学先の学校選びは慎重に行ってください

大学・短大・専門学校へ進学して勉強をするといっても、それぞれの学校で勉強する内容は大きく異なっています。

くれぐれも間違えないでもらいたいことは、医者になりたいと思って医療系の専門学校に通っても医者にはなれません。医者になるには、大学の医学部や医科大学を卒業して(卒業すると国家試験の受験資格がもらえます)医師国家試験に合格しなければいけません。

医者になるには大学へ行くこと

薬剤師になりたいからといって医療系の専門学校に通っても薬剤師にはなれません。薬剤師になるには、6年制大学の薬学部又は薬科大学を卒業(卒業すると国家試験の受験資格がもらえます)して薬剤師国家試験を受けて合格しなければいけません。

薬剤師になるには大学へ行くこと

機械、電気、電子などの工業・科学に関した研究開発がやりたいと思って専門学校に通っても
研究開発の仕事はできません。専門学校卒業では、どうしても現場仕事(設計やメンテナンス)になってしまいます。大手企業の研究所などで研究開発の仕事をするには、大学で専門的な勉強をしなければいけません。最近では大学院まで進まないと研究職の仕事はできない傾向にあります。

研究開発の仕事がしたいなら大学へ行くこと

しかし、専門学校に通わなければ国家資格を受験できなかったり、就職に有利になったりする仕事もあります。

例えば、

  • 自動車の整備士:(自動車整備士の資格の実技試験免除、学科試験のみを受けます)
  • 美容師:(美容師国家試験の受験資格がもらえます)
  • システムエンジニアやプログラマー:(知識が身に付くので就職に有利になります。資格は特にいりません)

みなさんが学校選びでやることは、どこの学校に進学してそこで何をすれば目指している仕事ができようになるのかということを事前にしっかり調べてください。

進学には昼間の大学、短大、専門学校に行く他に、昼間はアルバイトなどをして働いて、夕方から大学の夜間部に進学する方法や、通学するかたちでない通信制大学に進学するという方法もあります。

工業高校から就職を考えている方

工業高校から就職される方は、高校に配られる求人票から就職を応募して第一希望の就職先の内定が決まれば、夏や秋までには就職が決まっていると思います。

ほとんどの方が第一希望の就職先で内定がもらえると思いますが、もし、第一希望の就職先がダメだったとして、第二希望の就職先に応募して試験を受けても12月までには就職は決まっていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク