本文へスキップ

会社が採用したい人材は転職者の年代によって異なります

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

転職者の年代によって採用条件が変わる

年齢も考慮して転職活動を始めましょう

社会人の転職活動

新しい仕事を探す為に、いざ転職活動を始めてみたものの、なかなか書類選考が通らず思い通りにいかないという経験ありませんか?

例えば、20代の時は転職活動でかろうじて内定をもらったことがあるけど、30代になったら企業にたくさん求人応募しても全然内定がもらえなくなってしまった・・・。
いったい何がダメのでしょうか?

それは、転職者の年代ごとに企業が求める人材の考え方が変わるからです。
転職をする時は、年代にも気にかけないといけない事を必ず覚えておいてください。

企業がどのような人を欲しがっているのか年代別に見ていきましょう。

20代の転職者に求めること

20代では、どの業界でもたくさんの求人募集がありますので仕事内容をいろいろ選べます。
やりたい仕事があれば、業界未経験でも企業へ入社することができますので諦めないでください。
例えば、仕事をする為に必要な資格を頑張って勉強して、資格を取得して希望する仕事に就職する人がいます。
また、資格などは持っていませんが、応募書類に書いてある志望動機の熱意を採用担当者へ上手に伝える事ができる人、又は面接時に将来の考え方を上手に表現できる人などは、会社から将来を期待されて採用されるケースが多くあります。

業界未経験応募の場合はやる気を見られますので、この仕事をやってみたいから頑張りますという内容をいろいろな角度から企業へアピールする事が大切になります。

スポンサーリンク

30代の転職者に求めること

30代では、やってみたい仕事や異業種の仕事に応募するのではなく、20代の時に経験してきた仕事内容や技術に関する事を活かせる会社に応募しなければいけない様になってきます。
また、29歳以下や35歳以下などと年齢制限をしている企業が多く見られますので、応募できる求人には限りが出始めてきますので気をつけてください。

採用されるポイントは、どの様な企業でも第一に仕事をすぐにこなす事ができるのか、1人でもある程度仕事ができるのかどうかの即戦力を確認されます。
ですので、ほとんどの方は同じ職種に転職する傾向がみられます。
前職で役職(課長、部長)の経験があればなお良いですが、チームリーダーの経験でも評価してもらえます。

40代の転職者に求めること

40代になると、求人募集している企業は極端に少なくなります。
この年代の方が気を付けないといけない転職活動のポイントは、同じ職種で同じ役職、そして今までの経験を活かした転職をしなければいけないということです。

例えば、管理職を希望するのなら前職でマネジメント経験をしていたのか、技術職を希望するのなら前職でこの事なら誰にも負けない誰のサポートもなく1人でできるという様なやり手で能力がある人でなければ転職は成功しないと思ってください。

大手企業で勤務している方の場合は、早期退職制度などを利用したリストラの対象になる年代です。
良いチャンスだから、早期退職制度に応募して転職活動をしようと考えても、誰にも負けない強みがなければ、現実問題雇ってくれる会社を見つける事は難しいです。
転職をしたからといって給与はさほど増えませんし、増えるどころか減る可能性の方が大きいのでよく考えてから行動してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク