本文へスキップ

転職する目的や目標の立て方

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

将来の計画を立てる

転職をする目的を考える

計画を立てる

転職活動を、特に意識しないで始めてしまうと陥りやすいミスがあります。
それは、今働いている会社から次に働く予定の会社へ入社することだけが目的(ゴール)になってしまうことです。

  • 入社できればどこでもいい
  • 入社してしまえば後のことはどうでもいい

という考え方ではなく、会社に入社してからどのようなことをやっていきたいのかということが、転職する目的になることが望ましい考え方です。

会社に入ることだけが目的の場合は、何がやりたいのかわからない状態で仕事をしていますので、仕事をする意味が見つけられなくなってしまい辞めてしまうケースが出てきます。

どこを目的にするかによって転職後の人生が大きく異なってしまいますので、会社に入社したことがゴールとならないように入社後の計画も考えてください。

仕事の目標を立てよう

仕事をするにしても、誰かに言われるがまま行動するよりも、自分でいろいろ計画を立てて考えて行動した方が楽しいと思います。

  • 短い期間では、5年後はどうなっていたいのかの目標
  • 長い期間では、10年後の目標

どのようなことをして、どのように成長したいかという将来こうなっていたいという計画を作ってください。

例えば、
プロジェクトマネージャーとして組織をを束ねたいと考えているのなら、

  • 人と相方向で意思疎通をするためのコミュニケーション能力
  • 幾度と発生する困難を解決するための問題解決能力
  • 周りの進捗状況がどうなっているのかや人の状態を管理するためのマネジメント能力
  • 組織に外国の方がいる時は語学力

などが必要になってきます。

現場での技能を極めて一人前になりたいと考えているのなら、

  • 業務に使う専門的な知識
  • たくさんの現場を経験することによる状況判断能力や知恵
  • 一人前になるまでに苦しいこともあると思いますので続けていける持続力や忍耐力

などが必要になります。

新しいものを作りたいと考えているのなら、

  • その業務をこなすための基本となる専門的な知識
  • すばらしいアイデアを思いつくための発想力
  • 新しいものを作り出すための創造力

などが必要になります。

このような、なりたい自分に必要なことを補いながら成長していく計画を立てると、何も考えずに仕事をするよりも1つ1つ理想の自分に近づいていくことが実感でき、仕事の取り組み方も変わってくると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク