本文へスキップ

転職したい理由について考える

進学・就職・転職活動を成功させるには

最後まで諦めないことです

転職理由を考える

いろいろある転職する理由

転職理由

みなさんの転職がしたい理由は何ですか?

  • 会社の将来が不安
  • 給与が安い
  • ボーナスがない
  • 休みがほとんどない
  • いろいろな仕事を経験をしたい
  • 仕事を頑張っているのに全く評価されない
  • 職場の人間関係が上手くいっていない
  • 結婚を機に実家に帰る
  • リストラされた

などが思い浮かぶのではないでしょうか。

その中で、大多数の方は職場の人間関係が上手くいっていない又は上司と仲が悪い、仕事に対する評価に不満を持っている、若い人では仕事にやりがいが持てない、ブラック企業だったことが転職理由に上がるのではないでしょうか。

転職するには、転職する理由が必ず必要になってきます。
また、今働いている会社での転職理由は、次働く会社でも転職理由になる傾向があります。

例えば、
上司と馬が合わなかったから退職したのなら、次働く会社でも上司と馬が合わなくて退職する可能性があります。

まず、転職をする前にこの問題を解決する努力をしたのかが問われます。
(面接試験で、転職する理由とその理由を解決するために何をしたのか聞かれることがあります。)

そして、この転職理由は、転職先の志望動機につながってきますのでとても重要なことです。
志望動機は、履歴書に書いたり、面接試験では絶対に聞かれますので避けて通れません。
曖昧な志望動機では書類審査で落とされますので、上手に乗り越える為にもしっかり考えてください。

転職は慎重に行いましょう

仕事を変えたいなと思った時が転職する時期に相応しいのですが、今働いている会社でのいろいろな問題を解決するには、転職する以外には方法がないのでしょうか?

20代の転職では、ポテンシャル重視の企業はたくさんありますので、やりたい仕事があれば業界や職種の未経験入社ができます。

しかし、30代以降の転職では、今まで経験してきた専門のスキルを活かした職種への転職になりますので仕事が限られてきますので、もう一度よく考えてから行動するようにしてください。

転職先にも高い確率で1人くらいは嫌な上司はいますし、仕事に対する評価も同じ場合があります。
前職よりも給与が下がる可能性もありますし、職場の人間関係を一から作らなければいけなくなりますのでかなりの労力を使うと思います。
転職する事はリスクを伴うものであるということを認識して、いろいろな情報を入手して会社選びは慎重に行ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク